• Mail
  • English Site
  • Revolution
  • motoring communications SINCE 1989
特集記事

2018-04-21 A型 エンジンベンチテスト 終了


昨日のSUGOテストは、2台共にコースレコードに匹敵するタイムが出て、非常に良い結果に終わり満足、満足、、、そして、今日は、テスト中にラッピングを終わらせてもらったので、朝から、マッピングスタート、、、MOTEC M4でのベンチテストは、久し振りですが、NAなので、基本的には、楽勝で、、3時間で7500rpmのスロットル全開まで取り、終了、、午後には、ベンチから降ろし、、週明けには、サニトラ君に載せる予定、、もしかすると、ゴールデンウィーク前に終わるかぁなぁぁ。。



2018-04-20 SUGO テスト、、、34号車、84号車


今朝は、少しだけ早起きして、新幹線で仙台まで、、SUGOテストです、、SUGOは、昨年の10月にRd.7に来た以来の走行でした。昨年のRd.7は、プロクラスは、横浜タイヤが新しいタイヤを投入して、予選では、上位を独占し、ポールタイムがコースレコードの1’38.983で始まり、クラブマンは、ポールタイムが、1’41.374でしたが、予選4位でスタートした84号車が優勝したりろ、色々印象に強く残るレースでした。そして、今回は、34号車も84号車も持ち込みセットは、LSDの仕様が違うだけで同じセットで持ち込み、テストスタート、、まずは、仕様違いのLSDを試すべく、デフを交換すること、延べ3回、、、結果、持ち込みセットのLSDに戻り、34号車は、最終走行枠に気温22℃、路温24℃でアタックして、、、まずまず、良いタイムが出ました。84号車も淡々と走行を続け、USEDタイヤで、気温23℃、路温34℃のセッションで1’40.5、、、昨年のポールタイムを越える事が出来ました。



2018-04-19 A型 エンジンベンチテスト、、、デスビ2階建て作戦


昨日、どハマリした中華製デスビを2階建て作戦に変更して、LA700FX、赤外線ピックを1階は、一回転で1パルス、2階は、4パルスを入力出きるように、デスビを再度改造、、いや、再々改造。。

コレが、一階の住人、、、ピックアップの羽が一枚。。

写真の左の下側、新しい、2階の住人、、、

2階、、引越し完了。。

始動、、完了。。

やっと動きました、、コレで、ラッピングが出来ます。今日、明日、ラップを終わらせて、明後日、マップして、終了の予定、、、哲っちゃん、お待たせ、、週明けには、エンジン載せます。でも完成は、ゴールデンウィーク明けだな。。



2018-04-18 A型 エンジン ベンチテスト、、、また、ハマリ。


先週から、手が空けば進めているA型エンジンのベンチテストの準備ですが、エンジンマウントやラジエターライン、オイルラインに配線、配管が全て終わり、やっと、MOTECのセットアップまでたどり着きましたが、、、以前に作っておいた、2段式のピックアップのデスビが上手くパルスで無い感じ、、1段目は、元々のマグネットセンサーで、2段目を赤外線ピックを使っていますが、マグネットセンサー側が出力が安定しない感じ、、中国製なのは、分かっていましたが、、1段目も赤外線ピックにしないと、、ダメみたい、、明日、デスビを又、、改造します。



2018-04-17 86後期車両 ダイノテスト 宿題完了


先週、緊急でエンジン交換&現車セッティングをした時に、「ちょっと発見した」ので、宿題になっていましたが、週明け早々ですが、後期デモカーで、テストしてみました、、やっぱり、、詳しくは、お答えできませんが、10馬力捻り出しました。。REVO-TEC Ver.3にも反映します。



2018-04-13 徹夜のエンジン交換からぁ、、の、現車セッティング、みんな、お疲れ様


最近では、珍しく、夕べは、私以外の現場スタッフは、全員、、徹夜、、当社での徹夜作業は、多分、、10年振りぐらい、、納期が決まった、レース車両の現車セッテイングを始めようとしたところ、クーラントが泡だらけ、、レーシングすると、噴水、、ヘッダータンク外したり、ラジエター交換したり、夜中にガチャガチャ、、しかし、結論は、既にヘッドガスケットが抜けてる、、週末までに、収める予定の車両、、それも、後期の86なので、、後期のエンジンでないと!、、困った!!

コレが、ガスケット抜けのエンジン、、だけど、次のレースまでには、直さないと、なので、緊急、、トホホォホォ。。。

徹夜で載せ替えてから、実走で様子を見るけど、調子良い感じ、、まずは、、そのまま現車で廻してから、ダイノパックで詰める作戦。。

終わった、、スタッフには、感謝、、、昨日から、30時間労働、、今日は、早めに終わらそう、、、スタッフ5人徹夜と、エンジン交換の対価は、どこに???

結果は、tcf1.00(トータルファクター、補正 0)で、スタートは、173.78馬力、、、詰めに詰めて、184.81馬力、、10馬力上がった。。



2018-04-12 FD 隔壁パネル製作 ラストピース 完成、、、健康診断


今日は、年に一度の健康診断に川口駅前の商工会議所にスタッフ全員で行ってきました。

そして、昨日、型に材料を貼り込み、夕方に釜に入れた、隔壁パネルの最後のピースが焼きあがりました。離形は、やっぱり無理で型を壊しながらの離形になってしまいました離形しても、仕上げが作業があるので、今日は、仕上げ作業をして、仮に取り付けてみました。



2018-04-11 FD 隔壁パネル製作 ラストピース&ガスバッグ交換、タンク取り付け


さて、、最後の一番大きく、複雑な形状で厄介なピースにカーボンプリプレグを貼り込み、ラップして、釜に、、今日も、忙しくなるので、朝早めの出社で作業スタート、、釜に入ったのは、夕方、、、ランチ抜きのぶっ通しで、、7時間、、

形が特殊なので、材料は、通常の2倍、、貼り込みは、、通常の3倍の手間、、基本4プライ構成ですが、取り付け部や、段付きの部分は、6プライ構成、、焼き上げて離形まで、3時間、、、延べ製作時間は、10時間。。そして、FDの現車には、ガスバッグを交換した、タンクを車両に取り付けて、燃料漏れチェック&始動。。完璧。。

こちらの作業も先ほど完了。。後は、夜までに焼き上がるピースを明日、取り付けて、燃料タンク廻りと隔壁パネルの作業は、終了、、長い、長い道のりでした。



2018-04-10 A型 エンジンベンチ マウントパーツ製作、、、FD 隔壁パネル 角アール処理


先週末より、やっと組み上がったA型エンジンのベンチテスト準備、、A型エンジンのベンチテストは、「初」なので、エンジンマウントや、フライホイール加工、エキゾーストに水の配管、オイルラインなど、色々新規に制作中です。マウントやフライホイールの加工は、終わっているので、動力計には、ドッキング済みですが、組上げていくと、オルタネーターが取り付かなかったり、水のラインは、通常38φですが、30φと細く、色々作り直しです。

そして、まだまだ、終わりそうで、終わらない、隔壁パネルの最後の手強いピースの仕上げと、角のアール処理をマスキングして、シリコンで、造型してみました、、見栄えも、強度も、施工をよくなります。



2018-04-08 レース明け&お休み明け


レース後に、四日ほどお休みを頂いて、沖縄に3世帯、子供連れ家族旅のツアーガイド&運転手を務めて来ました、、南の島なのに No Surf、、「青木観光」でした。そして、四日も会社を留守にすれば、色々な事が進んでいて、、「MさんのBRZは、?」、、「終わってます」、「34号車のテストの準備は、?」、「終わってます」、「84号車は、?」、「もう、終わります」、、「FDの隔壁パネルは、?」、、「終わってます」、、

このFDは、残りの隔壁パネル一枚、、コレが、かなり厄介な感じですが、それを終わらせて、取り付けて、、、、ガスバッグを特注で作ったのが到着していましたが、既に作業が終了しているので、画像が無い!、、既にコンテナーの改造や、燃料ポンプの取り付け、燃料配管、ストレーナーやセンダーゲージなどの取り付けも既に終わっている、この燃料タンクを車体に取り付けて、、最後に車検で終了、、長い道のりでしたが、あと、厄介な1ピースをカーボンハニカムで作り、燃料タンクやコレクターを組上げて、終わりです。

そして、今日の作業は、ショートエンジンになったA型エンジンのベンチマウント&フライホイール加工、、焼き填めしてあった、フライホイールのリングギヤを外して、ベンチの冶具に合わせて、フライホイールの外周加工、、煙で見えん。。



2018-04-03 荷降ろし&片付け、、、LIQTEK M &赤い添加剤


Rd.1鈴鹿から帰って来たままのトランポから、機材や車両などさまざまな物をスタッフ全員で片付けです。。使ったタイヤホイールの水洗いや、車両の掃除、機材を定位置に戻し、、工場作業の再開です。

 

それと、ワンメイクレースやタイムアタック車両では、定番化になって来ました、LIQTEK Mがなにやら、貢物と一緒に到着したようです。カラーのパンフも一緒で、昨年の1号車の画像でした。昨年は、1号車を始め、84号車、511号車、750号車と4台のワンメイク車両、デモカーの86LWにもLIQTEK Mを使っています。ワンメイク車両は、全開シフトで使って、2017シーズンは、一回もトラブル無く終わり、、今では、必ず入れることが定番化しました。入れる、入れないでは、ミッションのライフがかなり変わります。。

これは、私用の添加剤。。

 



2018-04-01 86&BRZ ワンメイクレースRd.1 鈴鹿 決勝


昨日のトラブルで、グリット表は、ほぼ、最後尾からのスタートでしたが、ファーステストを取り、貴重な1ポイントを取ることが、出来ました。Rd.1の決勝結果は、昨年のポイントランキング1位、2位、4位、5位、6位がノーポイントで終わりシリーズ3位の34号車が、貴重な1ポイントを取った事が、今シーズンの後半には、効いて来るはずてす。Rd.2 SUGOに向けて、再度、仕切り直します。

 



2018-03-31 86&BRZ ワンメイクレース Rd.1 鈴鹿 予選


突然のガス欠症状、、
今回の鈴鹿は、右中速コーナーが二個続くスプーンコーナーで、何台もガス欠症状が出ていますが、月曜日のテスト、木曜日のテストday、金曜日の占有走行では、34号車は、トラブル無く走れましたので、通常の予選燃料を補給しましたが、神様のイタズラで、ガス欠症状が、出てしまいこの様な、残念な結果となりました。
予選中には、34号車と同様のトラブルが、発生した車両は、確認出来ただけで、4台、、レースウィークでは、10台を超えて出ています、当チームの84号車もその一台ですが、84号車は、月曜日のテストからトラブルが、出ていましたので、ガレージで、燃料タンクも含め、全てのタンク系統を交換しましたが、直らず、、再度、燃料ポンプ廻りを全て交換して、多目の燃料を搭載して、予選は、走行出来ましたか、34号車は、昨日までは、何も起きていませんでした。予想外の出来事が起きました。また、クラブマン予選では、同じガス欠症状が、起因する横転事故が有り、とても、普段のレースとは、違った場面もありました。レース運営側と車両企画制作側に大きな宿題が、出たと感じます。また、当チームは、1レースに二台のトラブルが、発生しました、もちろんスペアパーツは、持っていましたが、84号車で、全て交換してしまい、サービスに来て頂いていますトラックには、燃料タンク廻りのスペアパーツは、全く無く、、土曜日の夕方では、何も手配出来ませんでした。



2018-03-30 86&BRZ ワンメイクレースRd.1 鈴鹿 占有走行


今日は、昨日と変わって、気温は、低く、風が強い一日でした。気温/路温は、18℃/33℃、、結果は、5位ともう一声ですが、小さなトラブルを駆動系で発見出来たので、明日の予選は、もう少し速く走れると思います。

 



2018-03-29 86&BRZ ワンメイクレース Rd.1 鈴鹿 テストday


朝一だけは、清々しい感じでタイムも出ましたが、時間が経つにつれて、気温も路温も急上昇して、26℃/36℃と、何秒で走れば、速いのか全然分からなく、他のチームも戸惑っていました。

 



2018-03-28 FD3S用 ドライカーボン隔壁パネル製作 四日目、、、タイヤホイルスタンド製作2台目、、、Rd.1鈴鹿 積み込み


今日は、月曜日の鈴鹿テスト後のメンテをしながら、積み込み準備、、しかし、私は、自分のノルマの仕事を出社時間を2時間早めて、朝8時からスタート、、FD3S用の隔壁パネルをカーボンハニカムで製作しますが、今日のピースも両側が段落ちに処理してある大きなパネルをペパーハニカムを仕込みながら、焼き上げます。。

そして、昨日一台作った、タイヤホイルスタンドをカーボンを焼いている、3時間を利用して、もう一台、有り物の材料で製作。。

先ほどより、Rd.1 鈴鹿に向けて、積み込み開始。。



2018-03-27 FD3S用 ドライカーボン隔壁パネル製作 三日目&タイヤホイルスタンド製作


昨日の鈴鹿テストは、お休み返上で仕事でしたが、今日も明日もレース前なので、たっぷりメニューが沢山あります。まずは、私専任のドライカーボンの仕事、、レース明けに直ぐに、取付作業に掛かれるように、ノルマ的な仕事、、、今日のカーボンハニカムの製作パーツは、、大きいピースなので、一日に1個しか焼けません。。

そして、3時間カーボンを焼いてる合間に、タイヤホイールスタンドの製作、、、ホイールのセットが今年は、少し増えたので、2台スタンドを作らないと足りませんが今日は、、カーボンを焼いてる、空き時間に一台作りました。。



2018-03-26 鈴鹿 テスト


今週末は、86ワンメイクレースの2018年シリーズ開幕です、、しかし、車両の準備で忙しく、テストをしていません、、なので、今日は、定休日を返上して、鈴鹿テスト、、34号車、84号車の2台のテストをしました。しかし、34号車は、タイムが伸びず、、84号車は、トラブルが発生して、マイッタ事に、、でも、リカバリーして、34号車のタイムが伸びない理由が分かり、、アジャスト後は、1秒速くなりました、、84号車のトラブルは、ガス欠症状、、原因は、掴めましたが、交換パーツが無いので、直らずじまいでしたが34号車も、84号車も想定タイムをクリアーしたし、、34号車の遅い理由がはっきり分かったので、今日のテストは、120点でした。。



2018-03-25 隔壁パネル 9点完成、、、34号車カッティング 貼り込み&鈴鹿テスト積み込み


昨日の焼き上がった9点のカーボンハニカムの隔壁パネル、、一日で9点は、やっぱ、大変だった。。しかし、まだ、ドデカイピースが3個あるので、まだ、三日は、掛かりそうだ、、完成しても、摺り合わせて、取り付け穴を開けてから、フローティングナットか、ナットサートを打ち込んで、取り付け、、まだまだ先は、長そうだ。

 

そして、カッテイングのフルラップから帰ってきた、35号車にTRAの指定ステッカーやゼッケンを貼り込みました。。で、今日は、積み込みして、明日の鈴鹿テストの準備。。



2018-03-24 FD3S用 ドライカーボン隔壁パネル製作 二日目


昨日は、一日掛けて、大きいもの、小さいものも含めて12ピース分のカーボンプリプレグをカットしましたが今日は、小さいピースの物を全部で9点を一日で焼き上げるまで、作業したいので、いつもより、早めに出勤して、作業開始、、、ソリッドで4プライの物を最初に貼り込んだ後、ペペーパーハニカムを入れるピースが、3点、、、同時進行で作業、、朝10時から作業スタートして、貼り上がったのは、午後4時、、ランチを10分で済ませて、貼り込んだ9ピースをリリースフィルム、ブリーザーを巻き付けてから、バキュームバッグに入れて、高真空、、釜のスイッチONしたのは、、午後5時30分、、、これ以上は、無理、、焼き上がり時間は、、午後8時、、朝早く始めランチもそこそこに作業再開したが、、1時間の残業、、、来週は、ワンメイクレースのレースウィークなので、工場は、、パツン、パツンの中の作業、、、残りの3ピースは、、ドデカイ奴ばかりなので、、レース明けに作ります。。今日は、心が折れるかと思った。。

 

 



2018-03-23 カーボンハニカムパーツ製作&ドライカーボン隔壁パネル製作


昨日の頼まれ物のエンジンアンダーフロアーは、無事完成して型から離型。。

そして、今日のメインの作業は、FDの隔壁を貼り込む、カーボンプリプレグの材料のカット、、全部で8mほどのプリプレグを型のサイズに合わせて、カット、、構成は、4プライで、部分的にペーパーハニカムを入れて補強の予定、、

今日は、型の下準備と、プリプレグのカットで一日終わってしまった、、明日は、小さい物から、8ピース位を一気に焼く予定。。しかし、デカイピースが三つあるが、ヘッドレストのパーツは、かなり手強い感じ。。



2018-03-22 カーボンハニカムパーツ製作&ドライカーボン隔壁パネル製作準備


近所のSHOP仲間のご依頼で久し振りにドライカーボンの仕事をしました。製作したパーツは、エンジンのアンダーパネル、、、プリプレグを4プライで、接着フィルム2プライを3mmのペーパーハニカムの上下に入れて強度アップ、、、

そして、作業待ちだった、隔壁パネルの型が全て完成、、延べ作業時間168時間、、なんで、こんなに時間掛かるかなぁ、、この隔壁パネルの型にドライカーボンを貼り込み、焼き上げる準備を開始。。全部で12ピース、、こんなに沢山、、どれも、段付き有りとか、3次元だったり、ヘッドレストの逃げのパーツもかなり複雑、、、ドライカーボンで作って、さぁ、、幾らでしょう?



2018-03-21 A型 エンジン 組付け準備、、、パワートレインリフレッシュ車両入庫


ハマリ仕事が終わり、一段落したので、サニトラのA型エンジンの組付けの準備を再開、、先週、ポート加工と燃焼室加工が終わり、今日は、リングの合口調整、、

そして、ミッションO/Hの4連荘が終わったところに入庫したBRZ、、クラッチ、ミッション、ドライブシャフトのO/H&交換にリヤアームの数本が社外品が付いていますが、ガタがあるので、交換+強化ブッシュい打ち変えとリヤメンバーのデフマウントが切れているので、強化ブッシュに交換の為、リヤセクションとパワートレインは、バラバラ。。ミッションのO/Hは、WPCにDLC、、シフトフォークシャフトブッシュの打ち替え等、、待ち乗り車両なので、全部交換、、、必要なパーツも、数日で揃うので、即効作業、、土曜日の夜までには、終わりそう。。



2018-03-20 86ラリー車両現車セッテイング、、大ハマリのドハマリ 4日目、5日目


ドハマリの86ラリー車両ですが、4日目に新品のエンジンハーネスが届き、交換するエンジンに組付けて、エンジン交換作業を終わらせて、ダイノパックに設置、、、

そして、今朝は、朝一から、ダイノで現車セッテイング、、、しかし、燃調が濃かったり、薄かったり、トリムが邪魔して、上手く行かず四苦八苦、、午前中は、全くコントロール化に無く、、、色々手直しして、やっと、午後には、言うことをきいてくれました。。それから、満足行くまでに、数時間。。さっき終わりました。。

先週の内に一日作業で終わらせる予定が大ハマリのドハマリで、トラブルシュートを二日間も時間と取られ、エンジンハーネスの交換にエンジン本体の交換してからの、、現車セッティング、、ハードな一週間でした。。結果tcf1.000で184馬力、、まずまずかなぁ。。



2018-03-17 86レース車両現車セッテイング、、大ハマリのドハマリ 3日目


ドハマリ3日目にして、幾つか分かった事が、、エンジンルーム内のエンジンハーネス集中コネクターを外すと、、EFI(CTRL)フューズが切れない、、ショートのトラブルは、車両側メインハーネスでは、なく、、エンジンハーネスかセンサー系のようだ。。そして、インテイクや、スロットルなど全部取り外して、集中コネクターを繋ぎ、、エンジンハーネスに取り付いているセンサーカプラーを取り外し、、フューズを入れて、一個ずつカプラーを元に繋ぎ戻して、フューズが切れないか確認、、、全部繋ぐも、、フューズは、切れず、、、それならと、スターターを廻す、、「廻った」、、GTSを繋ぐ「正常に繋がった」、、、この時点でテストの為にハーネスの取り廻しが純正位置から動いたので、ショート箇所が、正常に一時的に戻ったと判断し、、在庫のハーネスに交換して、エンジンを始動、、直った。。

このハーネスの何処かが、トラブルが起きているだろうけど、、イチイチ、配線剥いて確認も出来ずそのままで、完璧に確認出来ていないが、現状を優先して、直ったので、ダイノパックでセッテイングを再開、、、すると、パワーが全然出ない??、、ロガーを確認すると、、カムタイミングが異常値、、、EXカムタイミングが動かず、、INカムタイミングは、半分の20°ぐらいしかアングルが反応してない、、エンジン本体に問題有りと判定、、でぇ、、こんな始末に、、、

本当か? 悪夢、、新品のエンジンハーネスを緊急で注文して、エンジン本体も故障探求してる時間が無いので、、エンジン交換する判断にしました。まいった。

只、只、、現車セッティングだけで一日作業の予定が、、ハマリにハマリ、、二日間のトラブルシュートにエンジン交換にと、、大作業に、、来週の24、25日がレースなので、チームにエンジン交換+現車セッティングして、21日までには、渡さないと、、しんど。。



2018-03-16 86レース車両現車セッテイング、、大ハマリのドハマリ。


昨日の午前中から、ダイノパックにセットして、セッティング一発目、、、回転は、4700rpm、スロットは、全開、、「バァァン」って、エンジンが突然ストール、、こんなん初めて。。フルスロットルでエンジンが落ちた、、ロガーを見ると、、、完璧に落ちてる。。ストールした後は、、グラフが真横に、「ピィィィィー」。

なんだ?、、未だ何もしてない、、細かくチェックし始める、、GTSが繋がらない、、車種年式を直接入力して強引にアクセス、、メンボディーユニットや、色んなエラーが、沢山でるし、キーを廻しても、IGは、入るが、スターターが廻らない、、「イモビが飛んだ??」、、イモビに詳しいスペシャリストを呼んで、昨晩遅く、イモビのコーディングをしてみるが、、直らず、、「スターターが廻らない」、、そして、一つ判明、、エンジンルームのリレーBOXのEFI(CTRL)15Aヒューズが、IGを入れると、、「元気良く切れる」。

何処かがショートしてる、、とほほ。。メインハーネスなのか、エンジンハーネスなのかも、、判らない????大ハマリのドハマリ、決定。。その後も昨日から、トラブルシュートしているが、特に見つからないので、車両ハーネス側のチェックを始めるが進展無し。。

イモビライザーが絡むけど、ECUや、メインボディーユニットも交換するも、以前スターターは、廻らず、、EFI(CTRL)フューズも切れる。。来週レースウィークの車両なのに、、参った事になってきた。。しかし、今回は、単純にエンジン交換をしただけ、、、なので、車両ハーネスは、少し諦めて、エンジン補記を全て外し、、エンジンハーネスも含め、再度チェックの為、、バラバラに、、

 

 

 

こんなハマリの作業は、もう、嫌。。



2018-03-15 A型エンジン ヘッド加工、、、ワンメイク34号車カッテイング仕込


ヘッド加工を始めて、二日目、、ポート加工が終わり、燃焼室の加工中で、目標の圧縮比になるように、4シリンダーを全部少しずつ加工しながら、計測です。

34号車は、カラーリングも決まり、カッテイングの貼り込みに出ていますが、パーソナルスポンサーさんのステッカーの用意は、こちらでする事に、、白のロゴと、黒のベース淵と、アプリケーションを貼り合せて、作業しやすいように、重ね貼りまで済ませて、作業して頂いてるところに送ります。これ全部をスタッフ二人で二日間掛かりました。。



2018-03-14 トランスポーター 三人乗り、、、FD3S隔壁パネル型製作 、、、花粉症大爆発&薬の価格と効き


4tのトランスポーターを使っていますが、キャビンの後部が寝台仕様の車両は、通常乗車定員は、2名でセンターには、コンソールが付きますが、同型、同型式のミキサー車や、寝台無し仕様は、センターシートが付いていて、定員は、3人、、そこで、ボルトONで取り付く、センターシートを見つけ、取り付けてみました、、これで、陸自に持ち込んで、定員変更をすれば、3人乗車仕様になります。今年もトランポで十勝もオートポリスも行きますが、新人君が二人入社したので、トランポの3人乗りは、絶対必需です。

このセンターコンソールを取り外して、、、センターシートを取り付ければ、こんな感じ、、シートベルトも、ニッサン純正を取り付けて、完成、、あとは、陸自に持ち込めば、完璧。。

 

FD3Sの隔壁パネルを2月末から、手が空けば、ずぅぅぅぅぅぅっと作業していましたが、どうにか、こうにか、型としては、完成形になって来ました、、延べ作業時間は、既に160時間を超え、、まだ、まだ、、掛かりそうです。ここ数日は、隔壁パネルを取り付ける、フランジをクロモリ鋼板から切り出して、バーリングして、ゲージやボディーにTIG溶接して取り付け穴を開けて、、、こんな感じ。。

それと、最後に、薬の話、、、2月末に花粉症が小噴火しましたが、昨年、医師より処方され、「どちらか、効く方を飲んでください」って、言われて、飲まなかった方の薬が有ったので、しこしこ飲んでいましたが、10日の土曜日に大爆発して、、一日にその薬を4錠も飲みましたが効かず、、薬局に行って、「何か良い花粉症の薬ください」って、、出てきたのが、アレジオン20、、6錠で1980円、、、って、1錠330円?マジか?、、でも、購入して飲むも、効かず、、一日1錠だが、2錠飲んでもダメ、、そして、今朝、家の引き出しから、昨年飲んでいた、薬を2錠発見して、1錠飲んでみた、、、凄く調子良い。。しかし、薬の価格は、効き方に比例してない

一番効かなかったのは、アレジオン20 1錠330円、、、次は、ディレグラ配合錠 1錠62.3円、、、一番良かったのは、ポララミン 1錠 5.6円、、、330円も62.3円も全く効かん、、、ポララミン最高。。。さっき、処方して頂き、90錠入手。。これで、5月まで、大丈夫。。



2018-03-13 A型エンジン社内加工スタート、、、ミッションO/Hラッシュ


社外加工が全て終わって、作業待ちだった、サニトラのエンジンを再度スタート、、まずは、ブロックの砂落とし、、鋳物のブリック加工は、もしかして、10年振りぐらいかなぁ。。

次の加工は、クランクのジャーナルのラッピング。。ぴかぴかに。。

でぇ、、最後は、一番手強い、ヘッド、、今日は、ポート加工もスタート、、終われば、燃焼室加工と今週は、このヘッド加工で終わりそう。。

そして、現在、何台もO/H待ちで渋滞中のミッションO/Hの作業、、もちろん、レース車両より、お客様が優先、、オプションのメニューもシフトフォークシャフトブッシュの打ち変えや、4thギヤブッシュのDLC加工、シフトセレクターの面取り、、ケースの面取り加工など、ワンメイクでは、出来ないメニューも沢山、、、



2018-03-10 86&BRZ ミッションO/H ラッシュ


今月末より、86&BRZワンメイクレースの開幕戦が始まりますが、それまでに、O/Hするミッションが山の様に有る中、追加でBRZがもう一台入庫、、O/H待ちが3台でしたが、これで、全部で4台。。

 

何かと、ストックのパーツも何台分もあり、管理が大変。。



2018-03-09 FA22→86LW エンジン交換、、、34号車 カッテイング準備


昨晩、FA22のベンチテストが終わり、、早速、ベンチから降ろして、86LWに載せる作業、、週明けには、ダイノパックでのテストが始まります。

そして、今年のカラーリングが決まり、スポンサーロゴの貼り込みの下準備、、コレ、、結構大変、、



2018-03-08 FA22 エンジンベンチテスト 終了


先週から始めた、エンジンベンチテストもスキッシュエリアのピストンタッチのトラブルや、カムタイミングギヤのベンチスタンド上での交換など、「3歩進んで、5歩下がる」を2回繰り返し、、やっと、本日、マッピングまで終了しました。予想通り。。次のメニューは、エンジンベンチから降ろして、86LWに載せて、ダイノパックで現車でもう一度確認。。週明けには、テスト予定。。



2018-03-07 FA22 エンジンベンチ タイミングギヤ交換 、、、FD3S 隔壁パネル製作、終わりが見えない。


昨日、中断したFA22のベンチテスト、、インテイクNO.1カムの動きが悪く、ベンチ上で、分解して、交換終了、、

諸悪の根源は、コイツ。

直った、、昨日は、アイドル時にインテイクNO.1だけ、-30°だった、、交換後は、NO.1もNO.2も揃ってる。。

そして、段々、、嫌になってきた、隔壁パネル、、もう一週間もやってる、、それも、数日前から二人で、、毎日、、「まだ、終わらない?」って聞いてる。。

見た目は、完成した感じだが、、ロールゲージと車体の隙間の小さいピースを三次元で作っているそうだ。。

 



2018-03-06 FA22 エンジンベンチ マッピング開始しかし中断、、、34号車カッテイング製作(旧1号車&34号車の2台分)


先週、、三日間のベンチでのラッピングが終わり、今日から、マッピングを開始、、、しかし、3発廻したところで、インテイクのNo.1のカムポジションが異常値、、、仕方なく、ベンチ中断でフロントカバーを外して、点検中、、カムタイミングギヤの交換になると思われ、、またまた、中断。。なかなか進まん、、「三歩進んで、五歩下がっている!」。。

開幕戦のRd.1鈴鹿に新車を投入しようと予定していましたが、どうやら、間に合わない感じの連絡が先週末にあり、、旧1号車を今年のカラーリングにしないと拙い感じになってました、、そこで、本庄の哲っちやんに無理を言って、旧1号車と新車の34号車分の2台分のスポンサーロゴをカットして頂きましたが、、余りにも数が多く、、「仕上げは、そちらで!」って事でみんなで、カッテイングの仕上げを開始、、黒ベースに白を貼り込み、黒縁にする予定、、まずは、黒からスタート。。奥の赤色のロールは、フルラップ材料、、コレも、哲っちゃんが用意していただいた、物、、感謝、感謝。。



2018-03-03 サニトラ A15 エンジン製作 燃焼室容量計測、、、整形外科へGO


FA22のエンジンベンチでの慣らし運転が終わり、マッピングは、週明けから、、なので、今日は、加工屋さんから帰ってきた、サニトラ用のA15エンジンの組付け準備、、まずは、現在の燃焼室容量が、どの位で、圧縮比を合わせる為の容量を逆算します。ボア79mmxストローク82mmなので、1シリンダー容量は、約402ccで総排気量は、1608ccぐらい、、圧縮比は、12.5狙いだと、35ccぐらいかなぁ、、

 

今日も、整形外科に超音波と電気治療に、、パンパンで紫色だった、左足は、段々元に戻りつつ、松葉杖は、卒業で、普通の杖1本でなんとなく歩けるまで、回復、、来週には、ギブスの大きさが半分になるそうだ。。