• Mail
  • English Site
  • Revolution
  • motoring communications SINCE 1989

トップへ



作業日報




過去ログ


2016年2月以前の作業日報はコチラ


S耐車両製作日誌はコチラ


RX-8レースカー制作日記はコチラ


TA−2デモカー制作日記

特集記事

作業日報

このページは、私、青木の日記のようなコーナーで、私自身が考えている事や最近感じていること、またファクトリー内の作業の紹介や新商品の企画、試作などの紹介、その他趣味やペットの話題などをお話するコーナーです。

オートポリス着 準備


 

今週末のワンメイクレース オートポリス到着したので、準備開始

明日からテストが始まります。 天気がよくかなり熱いみたいので、よい結果がでるように準備準備です。


GR86 SSエキゾーストセット入荷


売れ筋 GR86 SSエキゾーストセットがイベント等もあり沢山のお客様にご購入頂き、バックオーダーになっていまたが、ようやく入荷しました。

スペシャルパフォーマ エンジンオイル、ギアオイル、デフオイルも大量入荷。

SSエキゾーストセットは、製品はエキマニ・Sパイプ・キャタライザーがセットになっており、GR86の特性に合うようにパイプ径を43Φと少し絞っています。キャタライザーのセルも高効率な物を採用、中高回転域でハイパワーハイトルク仕様になっています。

 

 


GRヤリス 新商品受付


 

GRヤリス 以前にもブログで上げた新商品を増産出来るよう、随時作成しています。

GTクーリングボンネット  240,000円(税抜) フルチタンマフラー 320,000円(税抜) ボンネットダンパー 18,000円(税抜)

早速 問い合わせが多いため、 前受注を開始致します。

まだ生産ロッドが安定したいないので、 当社に来店頂くか、オンライン販売のみとさせて頂きます。

前受注ご希望のお客様は、メール頂ければ、送料も含め返信致します。

ご連絡お待ちしております。

メール info@revo-tune.jp


34号車レース準備


来週末にはオートポリスでレースがありますので、準備、準備です。

遠いので来週月曜日には出発予定なので、9日には積み込み予定です。

お客様車両、デモカーテストなど毎日 ぎっしり予定があります。

レースでは、よい結果がでるよう、しっかりメンテナンス準備をしていきます。


新商品紹介 GRヤリス用 GTクーリングボンネット&チタンエキゾーストシステム。


先日、ご紹介したGTクーリングボンネットを車両に取り付けて見ました。昨日は、インタークーラーの吸気温度のノーマルとオリジナルの性能差をデーターロガーで計測してみましたが、明らかに2速後半から、3速、4速と温度が一定で、理想的な感じでしたが、、まだ、ボンネットは、取付けていない状態だったので、今のECUTEKのRaceRomのテストメニューがダイノで終わり次第、自走でのテストになるので、GTクーリングボンネットの冷え具合をレポートします。それと、以前にご紹介した、ヤリスのチタンマフラーは、音量が大き過ぎたので、膨張管とサイレンサーサイズを大きくして、音量を下げて見ました。試作のVer,1は、近接騒音で、ノーマルキャタで94dbとスポーツキャタを取付けたら、恐らくオーバーします。そして、今回は、ノーマルキャタで92dbと現在販売しているサイレントスポーツマフラー(89db)より大き目です、、89dbは、小さ過ぎの意見が最近では、多いいです、、しかし、今回のチタンマフラーもメインパイプは、76.3Φでオリジナルのスポーツキャタにピッタリです。GTクーリングボンネットは、予定価格¥240000税別、、チタンエキゾーストは、予定価格¥320000税別の予定です。両方共にデリバリーは、6月末ごろとなります。チタンエキゾーストは、ちなみに、7.2kg程です。(量産12kg)


GRヤリス セッティング データー取り


GRヤリス ECUTEK  Race Rom セッティングです。

本日は少し暖かく25℃ 湿度55。

セッティングデーター一番下のグラフが カーボンインダクションクリーナー、スポーツキャタラザー、サイレントスポーツマフラー ノーマルECUです。

それから、インタークーラーキットを装着し セッティングしたデーターが一番上のデーターです。 343.96PS 47.57Kgm

です。62.27Ps、5.58Kgmのパワーアップです。

グラフからもインータークーラーキットを装着してから吸気温度が安定して低い温度で推移しています。

 


新商品紹介 GRヤリス GTクーリングボンネット、インタークーラーKIT、ブロオフバルブKIT、ボンネットダンパー。


昨年末から企画していたパーツの量産品とGTクーリングボンネットの型が完成して、製品版の一台目が完成したので、ご紹介します。まずは、ボンネットは、裏骨も新規に製作して、ルーバーが効率良く機能するように、設計しました。今回は、シングルルーバーで何時もの様に深目にしました。効率を考えて、ルーバーの開口部を空けましたが、風速16m/s=時速60k辺りからの風量を全投影に流して、ルーバーの出口を糸を使い流れを確認などしましたが、良い感じでした。もちろん、雨避けトレーも付属します。そして、インタークーラーとブロオフバルブですが、ご来店頂いているお客様には、毎回、毎回ワンオフ製作対応でしたが、量産になりました。ブロオフバルブは、マルチポートタイプの物で、インタークーラーコアサイズは、R32 RB26サイズです。それと、ヤリスのボンネットの開け閉めの「イライラ」、、棒は、熱いし、キャッチに嵌まり辛いし、外し辛い、、これで、解消です。


GRヤリス 追加テスト ECUTEK RaceRom 現車セッティング


最初のデモカーは、あっと言う間にフルチューンのフル軽量でタイムアタックしてましたが、折角ノーマルのRCを手に入れたので、今まで詰めていなかった部分と新商品のテストを連日でやっています。昨日のHKSパワーエディターRと305馬力の仕様、、クリーナー、キャタ、マフラーのオーソドックスな仕様、、インタークーラーは、未だ取付けずです。今日は、ECUTEKから、先日、アップデイトされました、RaceRom仕様を始めてテストします。以前のバージョンは、ダイノと実走行でのブーストコントロールに苦労しましたが、今回は、色々発見も有りましたが、一日に約40馬力アップ、トルク5kアップまで、セットで来ました、、外気温が27~28℃なので、インタークーラーが付いていればもっと出るかもです。。まずは、第一段階は、OK、、、これから、実走行でのテストをします。


GRヤリス 追加テスト HKSパワーエディターR 現車セッテインング


カーボンインダクションのテストが終わり、追加で新しく出た、HKS パワーエディターRのセッティングをしてみました。仕様は、クリーナーテストと同様にオリジナルのスポーツキャタとマフラーとカーボンインダクションの3点セットで計測して、283馬力、、昨日より、気温が高い分少し低く目からスタートです。細かく色々試しましたが、最終的には、305馬力と22馬力アップ、、ポン付けで、ECUノーマルで22馬力アップ、、効果と費用対バランス、、安いかなぁ?


GRヤリス クリーナー仕様変更&比較、性能テスト Day2


先週末にカーボンインダクションのアップデイトのテストを始めましたが、考えられる、現実的なパターンを試しましたが、良いと思って計測してみると、思ったほど効果が出ないのが現実で、E社を超える事は、出来ませんでしたが、今日のテストでは、E社が289馬力に対して、285馬力と4馬力程足りませんでした、、しかし、ノーマルクリーナーよりは、30馬力以上アップしましたので、まずまずです。トルク曲線やパワーカーブもE社とほぼ同じラインになりました。そして、オリジナルのカーボンインダクションのアップデイトで性能が向上したのは、エアフロセンサーのセンターリングや、元々のスペックは、クリーナー→アルミパイプ→純正サクションでしたが、クリーナー→アルミパイプ→アルミパイプにして、パイプのアール形状を緩やかにしました。この部分が効果が有り出ていたので、採用します。それ以外の吸入口の拡大やエアフロセンサーの位置変更、クリーナー取付向き、クリーナーケースのボリュームなど比較しましたが、良い所、悪い所が混在して、シンプルに考えると、、そのままがまぁまぁ、良い状態で大幅なアップデイトを考えていましたが、今のバランスを崩さないままの小変更となりました。

 


GRヤリス クリーナー仕様変更&比較、性能テスト Day1


GRヤリス用のオリジナルのクリーナーKITのバージョンアップをする為にまずは、巷で一番良いとされているクリーナーKITを取り寄せて、アップデイト前の性能を比較テストする事にしました。車両は、GRヤリスのRCで、フルノーマルのGRヤリスにオリジナルのスポーツキャタとマフラーを装着して、ノーマルコンピューターのまま、クリーナーを順番に取り換えて性能比較、、勿論ロガーを取り、吸気温度、エアフロ吸入量、エンジンロード、ブーストなどを比較します。そして、計測開始です、、一番下の2本のラインは、純正クリーナーで、約255馬力、、一番上の2本は、E社製のクリーナーで約292馬力、、この時点で約40馬力のアップ、、流石です、、そして、現行オリジナルのカーボンインダクションBOXを計測すると、287馬力、、まぁまぁですがピーク5馬力程低い感じですが、高回転域など一部は、上回っている部分もあり、、ほぼ同等の性能だと感じましたが、、まだまだ、改良の余地が有りますので、ここからバージョンアップします。


GR86ボンネットダンパー


新作GRヤリスに続き、GR86ボンネットダンパー。 開閉を繰り返し、強度テストをしてから商品化します。

昨日サージタンク&ビックスロットルを装着後のセッティングです。

 

 

 

 


GRヤリス ブレーキ取り付け完了


ようやくGRヤリス フロント6ポッドキャリパー、リア2ピースビックローターの取り付けが完了しました。

サージタンクとビックスロットルも取り付けたので、セッティングです。

それと、常連のお客様の油脂類交換&車検で、預かりました。

ヘビー作業も大分片付いてきました。

 


GRヤリス 新作ボンネットダンパーテスト


GRヤリス 新作ボンネットダンパーの取り付けテストです。

ボンネットの開閉角度、耐久テストを繰り返し製品化します。

それと、GRヤリス フロント6ポッド(CP5060)キャリパーが装着出来ました。Revolution Online Catalog / RACING 6ポッド フロントブレーキキット AP5060 (revo-tune.jp)

リアは2ピースビックローターの取り付けです。

Revolution Online Catalog / リア 2ピースビッグローター (revo-tune.jp)

 

34号車はSUGOレースで接触があったので、次のレースに向けて修理です。

 

 

 


GRヤリス フルチタンマフラー テスト装着


 

GRヤリスにフルチタンマフラーを装着しました。

純正から半分以上軽量ですし、フィッティングもバッチリです。

ただ音量が基準無いですが、93.4db と大きめでスポーツキャタラザーと合わせるとギリギリになってしまいます。マフラー中間パイプが70Φでキャタラザーが76.3Φです。

まだ調整が必要です。

それと、GRヤリス お客様ハード作業の続きですが、本日トランスファークラーが付きました。まだ時間はかかるかな。

 

 

 


GRヤリス ブレーキセットアップ


 

GRヤリス 前後キャリパーセットのセットアップです。

先ず、アルミホールが装着していますので、ブラケットをあわせるように、多少削ります。

その後ローターをベルハットをスクエアボビンで固定するのに数ミリ調整します。

その加工が終わり、組付けです。 スクエアボビンはトルクレンチできっちり締めこんでいきます。

これが終われば車両に装着です。

 

 

 


GRヤリス入庫


 

GRヤリス 常連のお客様の車両が入庫しました。

昨日仕込んでいたF,Rキャリパーキットの取り付け、大容量ブレーキマスターシリンダーの取り付けです。 キャリパーキットを取り付けたら必須に部品です。

サーキット走行するには必要なトランスファークラーの取り付けです。

最近GRヤリス屋さんです。

それと、以前にテストしていたGRスープラ RZ(DB06MT) の排ガス証明書が届きました。

注文お待ちしています。

 


GRヤリス ブレーキ仕込み


GRヤリスの常連様より、APキャリパーのご注文頂き、仕込み、調整です。

フロント6POD リア2POD になります。

ローターサイズはフロントが350mm×28mm

リアローターサイズは320mm×21mmになります。

ベルハット、キャリパーブラケットは、前後共に7075材で高級感あるゴールドアルマイトにしています。


制動力、冷却効果は抜群に上がります。

 

 


GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 決勝


GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 決勝

安定した天気ですが、少し風が強く、気温24℃ですが、風が強い分路温は、28℃と低目で、13LAPで決勝が行われました。
 
スタートは、決まりましたが1コーナーで前走車両に接触されて、左後輪にダメージを追い、アライメントが狂い右コーナーがオーバーステアになってしまいペースが上げられない中、10周目の1コーナーで一台パスして、11位、最終ラップに一台ストップして、10位チェッカーでギリギリポイントを取れました。
 
事前RD.2オートーポリスの前にプライベートテストして、今回、足りなかった部分を引き出して、RD.2に挑みます。
 
 
 
 
 
 
 

GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 予選


GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 予選
 
今日も天気にめぐまれ、気温28℃、路温38℃と真夏に近いコンディションで予選が行われました。
 
チームとしては、34号車のセットアップが大幅に改善出来てましたが、タイム的に確認出来ていない状況での予選となりました。
 
そして、予選は、結果12位でしたが、ハンドリングや車両の状況は、昨年よりも改善方向に確実に良くなっている事が確認出来、チームとしては、トンネルの出口が見えた感じがする、意味有る予選となりました。
 
この新しくセットアップでの煮詰めが必要な感じで、今日の予選は、一歩足りない感じで終わりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 専有走行day


GAZOO GR86&BRZCUP 開幕戦 RD.1スポーツランドSUGO 専有走行day

 
今日は、午前、午後と走行枠は、二つで行われました。
昨日とは、気温、路温が、かなり高くなりタイムが出難いコンディションとなりました。
 
新しい、車両、タイヤ、サスペンションのセットアップに昨日は、時間を使いましたが、
乗り難い症状は、朝の走行でも改善出来ませんでしたが、午後の走行に向けて、大きくセットアップを変更して、専有走行で試しましたが、「ガラッと」セットが変わり、
良い方向に向きましたが、、ここから、スタートにしたい位でした、しかし、細かいセットアップがまだ必要で、newタイヤでもう一度アタックしましたが、一緒にコースインして、アタック中の前走車両のハーフスピンでアタック出来ず、専有走行は、終了しましたが、ここから微調整して明日の予選に挑みたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2024 カタログ完成しました。


 

2024 ラインアップカタログがようやく完成しました。

部品の高騰、為替等で値上げ等があり少し遅くなりました。

GRGarage、オートバックス店さんなどに出来る限り配布します。

もしくはイベント等でお会い出来ればお渡ししますよ。

それと、SUGOでのレースの設営が昨日完成しました。

これからのテストでいい結果出るようみんなで頑張ります。

今週末はスーパオートバックスTODA イベントがありますので、是非ご利用ください。

 


GRヤリス フルチタンマフラー試作完成


 

GRヤリス 売れ筋サイレントスポーツマフラーRevolution Online Catalog / TOPページ (revo-tune.jp)

設定はありますが、今回は超軽量の為フルチタンマフラー作製して試作が完成しました。

純正マフラー重量が12.4Kgに対しフルチタンマフラーは5.5Kgです。

取り付け、テスト確認がとれれば販売しますので、もう少々お待ちください。


SUGOレース準備


今週末から始まるワンメイクレース SUGOサーキットに向けて、積み込み、準備です。

新車34号車、予備で2023年34号車も積み込みます。

いい結果が出せるようにチーム一丸となって、頑張ります。

それと、アライメント台座が長年選手によって歪んできてますので、新しく新調です。

一からパイプカット、溶接で作製ます。結構時間がかかります。

 


GRヤリス エンジン始動&新車34号車メンテナンス


GRヤリス 昨日トランスファークーラー取り付け、オイルクーラーなどの配管も終わり、ブレーキのエア抜き等も終わりました。 順調に進んでいます。

それと、2023年度34号車、と2024年度 新車の34号車カラーリングも終わりました。微妙に違います。

5月からレースが始まりますので、メンテナンス準備です。

 

 


GRヤリスまだまだ続く


GRヤリス本日作業はトランスファークーラーの取り付けです。

トランスファークーラーは、トランスファーケース内のオイルを冷却する役割を果たします。特にサーキット走行や高負荷の状況では、トランスファーケースのオイルが過熱することがあります。過熱したオイルは潤滑性を失い、トランスファーケースの寿命を縮める原因となります。

なのでサーキット走行される方は必需品です。


GRヤリスまだまだ続く&新車カラーリング


GRヤリス次の工程はサージタンク交換です。 なかなかすんなりつかないので加工で取り付けです。

それと、新車がきてからそのままでしたが、レースも近いので2024年度カラーリングです。

後、GRヤリスRCが昨日に納車されました。イベントに持っていけるよう仕様にブーストアップの予定です。

 

 


TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup 2024 参戦体制のお知らせ


佐々木雅弘選手とともにチーム一丸となって、シリーズチャンピオンを目指します!
「小倉クラッチ株式会社  with 有限会社 レボリューション」
TOYOTA GAZOO Racing GR86/BRZ Cup 2024 参戦体制のお知らせ

TOYOTA GAZOO Racing GR86 2024


GRヤリスそのまた続き&GRスープラ DB06MT


GRヤリスそのまた続きです。 前後キャリパーも終了し、ミッションもGRクロスに変更して載せ終わり、大好評のスポーツキャタライザーを装着しました。

フロントバンパーを取り付け、当たる箇所の加工です。

それとお待たせいたしました。GRスープラ DB06 MTのみですが、スポーツキャタライザーの試験に合格しました。

排ガス証明書を発行出来るにはもう少々お待ちください。


GRヤリス まだまだ続き


GRヤリス ヘビー作業はまだまだ続きます。

ようやく前後キャリパーの装着 & 大容量ブレーキマスターシリンダーの取り付け完了です。

これで、大規模な動的剛性増加、高気流を備え、超軽量。
さらなる制動力、冷却効果は抜群です。

それとオーダーしていた小判袋が到着しました。

イベント等で購入頂いたお客様にお渡し致します。(限りも御座いますので、全てのお客様にはお渡し出来るかねる場合が御座いますのでご了承ください。)

それと来週29日(月) 富士見のパノラマリゾート 86オフ会に参加しますので、是非ご了承ください。

 


GRヤリス作業 続き


GRヤリス ヘビー作業続きです。

AP RACING’R 6ポッドフロントブレーキ CP9660 & 4ポッドリアブレーキキット CP9440 前後セット

を購入頂きましたので、取り付けです。 リアキャリパー取り付け完了です。

これからフロントキャリパーの取り付け & 大容量ブレーキマスターシリンダーの取り付けです。

キャリパーを装着したら、必需品です。

 

Revolution Online Catalog / AP RACING’R 6ポッドフロントブレーキ CP9660 & 4ポッドリアブレーキキット CP9440 前後セット (revo-tune.jp)

 

Revolution Online Catalog / 大容量ブレーキマスターシリンダー 純正タンク付き (revo-tune.jp)


GRスープラRZ(DB06) MT排ガス試験準備


皆様お待た かけていただくことがせいたしました。声を掛けて頂くことが多かった、GRスープラ(DB06)MT排ガス試験の日程が決まりました。

来週にはいくので事前準備でスポーツキャタライザーを取り付けです。

これでGRスープラRZ・・ DB42、DB02、DB06MT  SZ・・ DB82

        SZ-R・・DB22

 

それと、GRヤリス 強化アクチュエーター注文頂いたので、作製、準備

 

 


FC3S完成&ミッションオーバーホール続き


加工加工で時間がかかってしまいましたが、最後にフロントバンパーをインタークラーが当たる箇所を削って、ようやくFCも完成しました。

86(ZN6)ミッションオーバーホールも1台が終わり、もう一台 ライトウェイトクラッチ250Lightダンパー付きを取り付けて、ミッションを載せもう少しで終わります。

それと、お待たせしてます。 GRヤリスのカーボンボンネットのベースが出来上がりました。 もう少々お待ちください。

 


ミッションオーバーホール続き


 

ミッションオーバーホール続きです。 各部品をWPC処理などで多少時間がかかっています。

FCもまだまだ作業中です。 もう少しで・・

本日はインタークラーパイピングでおいやられたイグニッションコイルのステーを製作、固定。

バッテリーを縮小したかわりにオデッセイバッテリーに変更。 取り付けステーもあるわけもなくステー作製、固定です。


ミッションオーバーホール ラッシュ


FCエンジンオーバーホールも終盤です。今週までにはなんとか。

ローターリーエンジンオーバーホールラッシュが落ち着き、今度は有難い事にミッションオーバーホール ラッシュです。

86(ZN6) が連続で2台、ライトウェイトクラッチ250Lightも交換です。

現在作業中のGRヤリスはGRクロスに交換です。

さらにまだまだ売れ筋のGRヤリス スポーツキャタライザーも入荷しましたので、在庫あります。 ご注文お待ちしております。